つみたてNISAの概要。分かりにくい点を中心に説明します。

この記事では、つみたてNISAの概要を説明します。

以前に、つみたてNISAのおすすめポイントを紹介したのですが、その記事で紹介していない点分かりにくい点を中心に説明します。

(あまりお時間がない方は太文字・表・図・箇条書きだけでもお読みください。おおまかな内容は理解できると思います)

関連記事 ⇒ つみたてNISAのここが凄い。つみたてNISAのおすすめポイントを3つ紹介します。

つみたてNISAの概要

つみたてNISAとは「家計の安定的な資産形成を支援する観点から、少額からの積立・分散投資を促進するため」に、2018年から開始される制度です。

そのため、家計の安定的な資産形成を支援できるように「つみたてNISA」は制度が設計されており、その概要は以下の表のとおりです。

口座開設できる人 日本在住で20歳以上
非課税対象 譲渡益(売却益)、分配金(普通分配金)
非課税投資枠 年間40万円
非課税期間 最長20年間
新規投資ができる期間 2018年から2037年(20年)
投資総額 最大800万円(40万円×20年)
対象となる商品 一定の要件を満たした投資信託
投資方法 定期的・継続的な積立投資
非課税期間終了後 特定口座又は一般口座に移管
通常のNISAとの関係 どちらかを選択(併用不可)
個人型確定拠出年金との関係 併用可能

以下で表を見ただけでは分かりにくい点を中心に説明します。

 1.非課税期間と新規投資できる期間

  • 非課税期間:投資した年から20年間非課税(図の青い矢印)
  • 新規投資ができる期間:2018年から2037年までの20年

「非課税期間」「新規投資できる期間」はともに20年というキーワードが出てくるので混同が生じて少し理解が難しいので図を使って説明します。

非課税期間が最長20年間というのは、投資した年から最長20年間非課税という意味で、図の青い矢印で表されている部分です。

新規投資できる期間が20年というのは、2018年から2037年までの20年間は新規で投資することができるという意味で、図の左の列の「2018年に新規投資」‥‥‥「2037年に新規投資」と表されている部分です。

2.定期的継続的な積立投資

  • 毎営業日・毎週・毎月等があるが取り扱いは証券会社によって異なる
  • 定期的継続的な積立投資は手間がかからない。

つみたてNISAでは、定期的に継続して投資する必要があります。

ここでいう定期的に継続して投資とは以下の場合が想定されています。

・毎営業日
・毎週(特定の曜日)
・毎月
・隔月(2か月に1回)
・年2回

毎営業日から年2回までかなりバラつきがありますが、いずれも定期的継続的な投資と認められます。

しかし、注意してほしいのは証券会社によって取り扱いが異なるということです。
例えば、毎営業日の積立をしたいとしても、証券会社が対応していなければ毎営業日の積立をすることはできません。
そのため、積立方法についてこだわりがある場合には「つみたてNISA口座」を開設する前に証券会社がどの積立方法に対応しているかを確認する必要があります。

個人的には、積立投資の方法はいろいろありますが特にこだわりがなければ一番シンプルな毎月の積立でいいと思います。
おそらく毎月の積立に対応していない証券会社はないはずです。

最後に定期的・継続的な投資の大きなメリットを紹介します。
それは、最初に積立の設定をすればあとは自動で定期的・継続的に購入してくれるので手間がかからないということです。
投資以外にもやることは沢山あるので投資以外に時間が使えます。

3.非課税期間終了後の取り扱い

  • 非課税期間終了時の時価で課税口座(特定口座・一般口座)に移管
  • 非課税期間終了時に値下がりしていると課税口座よりも不利な扱いに
  • 長期・分散・積立投資は儲かる可能性が高いので過度に恐れる必要はない

非課税期間終了後の取り扱いとは、20年間の非課税期間が終了した後も投資信託を保有していた場合の取り扱いです。

非課税期間終了後も投資信託を保有していた場合には、その時の価格で課税口座(特定口座・一般口座)に移されます。
例えば、仮に40万円で購入した投資信託が非課税期間終了時に100万円だとしたら、100万円で課税口座に移されることになります。
その後に110万円で売却した場合には、10万円(110万円-100万円)部分には税金が課されることになります。

次に非課税期間終了時の価格が購入時の価格よりも下がった場合を見ていきます。
例えば、仮に40万円で購入した投資信託が非課税期間終了時に10万円だとしたら、10万円で課税口座に移されることになります。
その後に30万円で売却した場合には、20万円(30万円-10万円)部分には税金が課されることになります。
ここで着目してほしいのは、当初40万円で購入して30万円で売却して10万円の損失を出しているのに税金が課されていることです。

要するに、非課税期間終了時に購入時よりも価格が下落していたら課税口座よりも取り扱いが不利になるということです。
このような取り扱いになるということは知っておきたいことですが、以前にも記事に書いたとおり「つみたてNISA」が想定している長期・分散・積立投資は儲かる可能性が高いので過度に恐れる必要はないと考えます。

関連記事 ⇒ 結局のところつみたてNISAで投資をすると儲かるの?長期・分散・積立投資は儲かる可能性は高いです

つみたてNISAで長期的・安定的な資産形成

今回は、「つみたてNISA」の概要をご紹介しましたが、関連記事と併せてお読みいただければ「つみたてNISA」が長期的・安定的な資産形成をするのにぴったりの制度であることを少しはご理解いただけたと思います。

つみたてNISAは、投資初心者はもちろん投資経験者にも有用な制度なので、これを機に長期的・安定的な資産形成を始めることを検討するのも良いと思います。

ちなみに、我が家では夫婦で「つみたてNISA」を使うつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です