投資信託とは何か?投資信託の3種類の手数料とともに解説します

つみたてNISAの投資対象は投資信託です。

でも特に投資初心者は投資信託と言われてもどんな仕組みなのか分からない人も多いですよね。

私も当然ながら始めは分かりませんでした。

そこで、投資信託とは何かを投資信託の手数料とともに解説します。
(あまりお時間がない方は太文字・図・箇条書きだけでもお読みください。おおまかな内容は理解できると思います)

投資信託とは

投資信託とは、投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が(あるいはプログラミングにより)株式や債券などに投資・運用する商品で、その運用成果が投資家に投資額に応じて分配される仕組みの金融商品です。

一般社団法人投資信託協会

投資家は、投資信託を通じて投資することにより、通常は個人では投資しにくい国や地域に対して少額から分散投資することができます。

通常の個人投資家が世界中の株式に分散投資をしようとしても資金的・実務的に実行することはほぼ不可能です。
しかし、個人投資家でも投資信託を通して投資することにより、世界中の株式に分散投資をすることが実現出来るので投資信託は個人投資家にとって非常に有用な仕組みと言えます。

ただし、投資信託の手数料には注意する必要があります。
投資信託を運用・販売するには様々なコストがかかるので、当然ながら投資家は手数料を支払う必要があります。
手数料は、投資の成果に大きく影響するので投資を始める前に知っておきたい知識です。

投資信託の3種類の手数料

投資信託には、「1.販売手数料」「2.信託報酬等 」「3.信託財産留保額」という3種類の手数料がかかります。
では、順番に説明します。

1.販売手数料(買付手数料)

  • 販売手数料(買付手数料):販売時(買付時)にかかる手数料
  • つみたてNISAでは販売手数料は無料

販売手数料(買付手数料)は、販売時(買付時)にかかる手数料です。

例えば、販売手数料が1%の場合に投資信託を10,000円分購入すると、販売手数料は100円(10,000円×1%)となります。

ちなみにつみたてNISAでは、販売手数料は無料と決められています。

2.信託報酬等

  • 信託報酬等:投資信託を保有している間にかかる手数料
  • 信託報酬等=信託報酬+その他費用
  • つみたてNISAでは、信託報酬が一定水準以下の投資信託のみ対象

信託報酬等は、投資信託を保有している間にかかる手数料です。

信託報酬等は、投資信託から販売会社等(証券会社など)に毎営業日ごとに支払われる費用です。
ここで重要なのは、信託報酬等は私たち投資家が直接払うのではなく、投資信託から販売会社等(証券会社など)に支払われるので、私たち投資家が信託報酬等を負担しているという実感が乏しいことです。

実際には、支払われた信託報酬等の金額分だけ投資信託の価格(基準価格)が低くなるので直接的な支払いがなくても、私たち投資家が負担している費用です。

また、信託報酬は細かく分けると「信託報酬」と「その他コスト」に分けられます。
信託報酬は、事前に決められているのに対して、その他コストは投資信託を運営するうえで実際にかかったコストなので、事前に決められていない点については注意が必要です。
その他のコストは主に株式等の取引費用です。

ちなみにつみたてNISAでは信託報酬が一定水準以下の投資信託のみを対象としています。

関連記事 ⇒ 長期投資では信託報酬(手数料)が1%違うだけで投資の成果は大きく違います。

3.信託財産留保額

  • 信託財産留保額:売却時(解約時)にかかる手数料
  • つみたてNISAでは特に規制されていない

信託財産留保額は、売却時(解約時)にかかる手数料です。

例えば、信託財産留保額が0.3%の場合に投資信託を10,000円分売却(解約)すると、信託財産留保額は30円(10,000円×0.3%)となります。

ちなみに、つみたてNISAでは信託報酬等についてに決まりはないです。

手数料は投資の成果に大きく影響する

投資信託は、個人投資家が世界中に分散投資をするうえで非常に有用なツールと言えます。
このような有用なツールを提供してもらう代わりに手数料を支払うのは当然です。
一方で、他の先進国と比較して日本の投資信託の手数料が高いのは事実です。

投資信託の手数料は投資信託を購入・保有・解約すると決められたとおり必ず発生します。
そして、手数料は必ず投資の成果を損ないます(儲けが少なくなる)。

投資を始める前に、投資信託の手数料の種類とその重要性をある程度理解することは必要です。

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です